2005年03月20日

新約聖剣伝説

せっかくニンテンドーDSを買ったのでなにか面倒くさくないRPGでもやろうと思って、中古屋で「新約聖剣伝説」を買ってきた。

どうしよう、死ぬほどつまらない(泣

まずね、もうね、シナリオが駄目。無いほうがマシ。登場人物が全員馬鹿で単細胞。
民家に入ってただの住人に「シャドウナイト(ボス)を倒す方法を教えてくれ!」と叫ぶ主人公。
最初は他人の空似を装って登場しながらすぐに正体がばれるヒロイン。知人だと判明してからは(小さい頃に1,2日一緒にいただけなのに)主人公の意味不明な錯乱を見ても「あなたを信じてる!」と全面肯定。
敵も味方も言ってる事に説得力ゼロ。
死者の形見のアイテムで呪いを解いてやったのにふざけた冗談を言うNPCしかいない。
意識を失うとかならず近くに知り合いがいて助けてくれる。
伝説の騎士のはずなのに超弱い。

ゲーム性。初代聖剣の半分くらいしか戦闘が楽しくない。ジャンプいらない。
武器攻撃の当たり判定が微妙。硬直時間が長くてガクガクする。
魔法が超使えない。
武器の持ち替えをすごく頻繁に要求するくせにいちいちメニュー開かないといけない。

バランス調整が超適当。強化魔法が「ダメージ2倍」とか「半減」とかすごい適当に決めてある。
レベルアップと敵の強さが計算されてない。強化魔法かけて殴るとボスがすぐ死ぬ。
武器が店売りしてなく、自分で作らないといけないが、材料がなかなか手に入らない。
その割にべつに初期装備でもそんなに困らない。

パートナーNPCが超雑魚。すぐ死ぬ。すぐ地形に引っかかる。死んでても困らないので回復してやらない。どうせすぐ死ぬし。

amazonのレビュー見たらガキか提灯レビュー書きしか誉めてなかった。

攻略サイトによると今シナリオの半分くらいらしいので、何かの間違いで面白くなったりしないかという望みにすがってプレイ継続中。でもあんなしょーもないシナリオがまだこれまでと同じだけ続くのかと思うとかなり憂鬱。

うん、ゲーム性は我慢できるけどやっぱりシナリオは我慢できない。これ書いたの中学生か?
善悪二元論を叫ぶ主人公とそれをあざ笑う悪役という演出がされてるのにストーリーが善悪二元論から脱却できてないという茶番。
あと「回復」とか「使う」とかやたらゲーム用語をキャラクターが喋るのってどうなのよ。「回復してくれ!」とか「血を使う」とかさ。もっと頭使って書けよ。

あとDSって画面閉じるとサスペンドできるんだけどGBAカートリッジで遊んでいるときは駄目なのでショボーン。
posted by 某ササキ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

2005年01月30日

日本発のプロゲーマーが誕生!

以前「日本にはプロゲーマーがいない」というエントリを書いたんですが、ついに誕生してしまったようです。

HALO以降、家庭用コンソールではあるけどXIIIなどもわりとヒットしたりする昨今、日本でもFPSがメジャーになったりしてくれたりするのかな!?
posted by 某ササキ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NAMCO×CAPCOM

発売するよ、という記事

下のほうのキャラ紹介に注目。

続きを読む
posted by 某ササキ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

Grand Theft Auto2 が完全無償公開

ヤクザやマフィアの使いっ走りになってそこらの車を盗んで反対車線ぶっ飛ばして警官に蜂の巣にされてヒャッホー!ってな20世紀最高級クラスのバカゲー、GTAことGrand Theft Autoが、1,2ともに開発元のRockstarGamesから無償公開されてるそうです。
太っ腹だなあ。

PS2でも出て一躍Rockstarを一流ゲームメーカーの座に押し上げたGTA3は完全3Dでしたが、2まではトップビュータイプの2Dグラフィックです。しかし、スピード感はちっとも遜色がないというか、むしろ僕は3をやってあの2Dゲームのスピード感を失わずによく3D化したものだ、と感心したものです。

対戦も燃えるので、ぜひオススメ。
僕もこれからダウンロードします。もしかしてノートPCでも動くのかな?

posted by 某ササキ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

秋葉原OVERTOPが2月末閉店

うえええ
僕が秋葉原に行った時にかならず立ち寄る店のひとつでした。
ときたまDVDケースのソフトが馬鹿みたいな値段で売られてるのが好きだったのになあ。

最近はEnsofのほうが入荷が早くて安かったり、アソビットの洋ゲー充実度も向上してきたりしていたのは事実なんだけど、ヘッドホンやコントローラみたいな周辺機器を実際に触れるのがよかったんだよなあ。残念。

もし後継店舗が出ないとなると、秋葉原で洋ゲーを選んで買えるのはアソビットくらいしかなくなるんだろうか。

スタークラフトのDVDパッケージはそろそろ買っておこうかな。
・・・はっ、せっかくだから、閉店セールとかやってくれないかな?
posted by 某ササキ at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月30日

ドラクエ8

リアルな動作で窃盗が働けると一部で評判のDQ8。

ただ、ときどき見かける「でも行列しないんだねえ。在庫もいっぱいあるし。もうドラクエって時代でもないね」ていう人に少し言いたい。「センスないねぇ」と。

続きを読む
posted by 某ササキ at 17:31| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月25日

How EVIL are you?

やってますかー?!

というわけで「Evil Genius」も買ってたんですよ実は。
先日あれだけベタ褒めしといてなんですがシムズ2には飽きたので(嘘。娘が成人したんだけど誕生日パーティに失敗したので一時的にやる気が失せた)インストールしてやってみてるんです。

したらもー。時間を食う食う。これだからリアルタイムゲーは。
続きを読む
posted by 某ササキ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月23日

シムズ2を買った

本当はEvilGeniusを買いに行ったんだけども、たまにはEAのゲームもいいかなと。
続きを読む
posted by 某ササキ at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

韓国でプロゲーマー養成学科を新設

韓国は国策としてネットゲームを振興してます。んで、アジアでほぼ唯一、プロゲーマーという職業の人が存在します。日本だと、ゲーム雑誌のライターとか、MMORPGのアイテムをリアルマネートレードして食ってる人はいますが、純粋に「ゲームがうまい人」としておまんまを食ってる人はいません。
韓国だと、テニスやゴルフよろしく賞金つきの大会がたくさん開催されてるので、それに出て勝ち抜いてご飯を食べている本物のプロプレーヤーがいます。人気もスポーツ選手に決して負けないとか。
そいつを養成する学科を作るんだそうで。

・・・でも気になるのは何を教えるのかってとこなんだよな。
高速に移動する目標に対してマウスクリック300回!とかかな。
posted by 某ササキ at 00:28| Comment(4) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

Evil Genius

「悪の秘密結社の総帥となって秘密基地を建設し、次々とやってくる正義の味方を片っ端から倒す」式のゲームの体験版

やってみた。面白い。DVDパッケージの廉価版出たら買うかも。
テーマは「アジト」なんだけど、実際のゲームのノリとしては「ダンジョンキーパー」+「オースティンパワーズ(のDr.Evil)」。

敵捕虜の尋問(丸椅子に乗せてぐるぐる回す、目の前でマイコージャクソン風の歌と踊りを延々見せる他)が笑える。
みんな楽しそうに仕事しすぎ。
posted by 某ササキ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月22日

Full Spectrum Warriors

米軍が下士官向けトレーニングシミュレータとして開発したものをゲーム化したといういわく付きのシミュレーションゲームの体験版をやってみた。

ゲームとしては、大ヒットした分隊指揮FPS「Operation Flash Point」からFPS要素を抜いたというような感じ。2チームを交互に指揮しながらミッションを進めていく。自分で狙って撃つわけではないので、なんというかパズルゲームに近い感じ。

しかしまあ個人的な見所としては、仲間の8人全員が人種ばらばらで、チームリーダーの2人の軍曹が黒人とヒスパニックだったりするところとか、敵に撃たれても即死は絶対しなくて、CASEVAC(CASuality EVACuation:野戦救護所)に連れて行くと即時回復して戦線復帰するところとか、敵はAKとかいいとこ機関銃どまりなのに、こっちはグレネードランチャーやら偵察ヘリやら対地ミサイル支援やらを使いまくれるところとか、敵の対戦車地雷が無造作に地面に置いてあって丸見えなところとかだと思う。兵士は常に無駄口を叩いていて、たしなめる上官もどこかやさしくて、終始朗らかな雰囲気なところもさすが。

米軍謹製FPS「America'sArmy」もそうだけど、米軍はイメージアップに金かけてんなあ、と思った次第。

<追記>
考えたら「FullSpectrum(フルスペクトル)」という名前自体が、「全部の色が入ってる」って意味なんだよな。なるほど。
posted by 某ササキ at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

Dawn of War の2

いよいよ20日発売。
買うのは決めてるんだけどどうやって買おうか考え中。
アキバのOVERTOP入荷を待つか、送料負担で通販するか。
GamersInnだと6500円だけど送料と代引き手数料が900円。
Amazonだと送料込み7800円だけどポイントもたまるしクレジットカード払いもできる。
うーむ。
posted by 某ササキ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

WH40000 DAWN OF WAR

うわあ面白え

完全3D空間で宇宙戦艦ヤマト的艦隊戦が楽しめる革命的ストラテジゲーム「HomeWorld」シリーズの製作元が作った基本に忠実なリアルタイムストラテジ。

西暦40000年のある惑星で機械化海兵隊(Space Marine)をはじめとする4種族が血みどろの戦いを繰り広げる。続きを読む
posted by 某ササキ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月10日

ZonbieVital

面白かったので紹介。
確かPSとかでもあったと思うけど、DungeonKeeperというゲームがあって、迷宮を作ってモンスターたちを訓練し、パーティを組んで自分の迷宮にやってくる勇者ご一行をヌッ殺しまくるという素敵ゲームがありまして。
国産の同ジャンルとしては「刻命館」シリーズとか、「アジト」シリーズなんてのがある。

この「ZonbieVital」もソレ系なんだけど、グラフィックがほとんど使用されてなくて、すべての情報が文字で表現されている(RogueLikeみたいなのではなくて、パラメータが羅列されている)のが異色。
国産の戦略シミュレーションは海外のものに比べて無駄にパラメータが多いのが特色で、そういうのをいじるのが好きな人じゃないとつらい、ってのがけっこうあるんだけど(太平洋戦争SLG「太平洋の嵐」シリーズなんか、石油の最小単位が1ガロンだったりする)、そういう感じではなくて、むしろシンプル化のためにあえて数字にしているといった感じ。でもウィンドウ装飾とかフォントでゲームの雰囲気はよく出ていると思う。
ゲームのミソとしては、ひたすら侵入者を殺しつづけるだけではなくて、なんぼかは逃がしてあげたり、お宝を取らせて「顧客満足度」(笑)を上げていかないと、迷宮の「知名度」が上がっていかないのでお客さんがあまり来てくれない、というところ。
それと、ある程度育ったモンスターは「ラスボス」や「四天王」に任命してやることでさらに迷宮の知名度が高まるなんてのも楽しい。

詳しくはベクターのゲームレビューなんかもあるのでそっちを見てもらうとして、個人的には「ぼくは航空管制官」みたいな一種のパズル的ゲームとして楽しめると思った。

シェアウェア(2000円)なんだけど、無料で地下4階まで、冒険者300人殺戮まで遊べます。
面白いので買って土日に遊ぼうかと思っていたり。
おすすめ。
posted by 某ササキ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月01日

ゲームを買った

会社の先輩某YBKさんから借りた「ゲーム批評」を読んでたら、PS2「塊魂
」の製作者インタビューが載ってて、面白そうだったので買ってみた。

面白い。基本は雪だるま作り。ただし、材質が雪ではなくてそこらにある手ごろなものならなんでもよいというのがミソ。アナログレバー2本で感覚的に操作できる。ひたすら「塊」を転がすだけだけども、不思議とこれが飽きない。
時間内にできるだけ大きい「塊」を作るのが目的だけど、まだ小さいうちしか通れない場所があったりするし、大きくなってくると今まで見えていた小さいものが見えなくなる。「今まで巻き込んだものコレクション」が見られるので、全部のアイテムを集めようと思ったら単に大きくすればいいってもんではない。

インタビューによると、一番苦心したのは「こういうのも入れると面白くなるよ」とスタッフとかに言われるのを片っ端から断ることだったとか。たぶんアイテムとかお邪魔キャラとか提案されたんだろうなあと思うけれども全部説得して入れさせなかったそうな。
それで大正解だと思う。ただひたすら転がしていくだけだけれども、大きさが変わるにつれて回りの風景がどんどん変わってくる。これだけで十分に楽しい。アイテムとかあったらこの「ひたすら感」が損なわれただろうな、と思う。

攻略としては、「この大きさのときに巻き込める一番大きいものは何か」をつねに把握するのが第一だと思う。いつまでも小さいものを巻き込んでると効率が悪いようだ。

一緒にザ・ベストで安かった「ICO」を買った。まだマニュアルしか読んでないけどこのマニュアルは素敵だ。今まで見たゲーム取説ランキングベスト3に入るな。ちなみに他に気に入ってるマニュアルはPCゲーム「CAESAR3」の日本語版マニュアルだったり。

もじぴったん」もザ・ベストだったので買おうかと思ったけど、暇高さんが持ってるらしいし、そんなにやる時間も無いだろうから買わなかった。
posted by 某ササキ at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月15日

ギリシャオリンピックを見に行く人へ

もう開幕しちゃってるんで遅いかもしれませんが、ギリシャにゲームボーイとかもっていくと犯罪者になりますんで気をつけてくださいね。
たぶんPCにインストールされてるゲーム(マインスイーパとかも?)とか、携帯のダウンロードアプリなんかも危険なんでご注意。
posted by 某ササキ at 22:03| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月08日

オープンソースでMMORPGをつくる試み。

しかもほとんどRubyベースで。富豪的だなあ。

世界観とかはヌキのいわゆるMMORPGフレームワークを作ろう、ってことなのかな。ざっと読んだ限りでは。
挫折しないことを祈りつつ見守ろうかと思います。
posted by 某ササキ at 17:22| Comment(5) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月20日

PS2で「吉野家」

ゲームになるそうですよ。なんでかこういうの好きっぽい。ゲームの中にバーチャルお客様が来る系の。

PCゲームでいうと「テーマパーク」系とか「タイクーン」系のゲームがいわゆる「お客さん系」のゲームに該当するんだけど、欧米ゲームメーカーのイメージする「お客さん」てのはいわゆる「お財布」なわけで、まず目的はお金儲けにあって、お客様に良質のサービスを提供して満足度パラメータをあげたり、ってのはあくまでお金をより多く落とさせるための手段っていう捉え方をしてるのが多いんですね。

その点このゲームはお客様に「真心」を込めて「うまい、安い、早い!」をお届けするところにメインの目的をもってきてるんで、こういうのがいいなあと。うむ。お客様は神様です。

和洋を問わず地味だけどセンスのいいゲームっていうのはこの「お客さんをさばく」っていうところをキモにしてるのが多い気がします。旧くは斉藤由多加氏の「The TOWER」や、隠れた名作「ぼくは航空管制官」シリーズなんていうのがそうだ。海外だとこれまたこの手のゲーム大好きなドイツ人の作ったMobilityなんてのもこんな感じかな。

敵は外にいるんじゃなくてむしろ解決法を思いつかない俺自身だ!みたいなゲームが好きですよ。いや敵が居るゲームも好きですけど。
posted by 某ササキ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(2) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年03月08日

今やってるゲーム

WARZONE2100というすごく昔(99年)の3Dストラテジをやってる。

発売当時に雑誌についてた体験版をやったらたいそう面白かったんだけど買わないまんまいたら、こないだ秋葉に行ったときにOVERTOPで400円で売ってたので購入。

期待を裏切らずたいそう面白いんだけど、ストーリーモードの途中で行き詰まった。どうも正面から攻めると自動的に負けになるようにスクリプトが組んであるっぽいんだが、他のルートが見つからない。こまったなあ。

だれかプレイ経験ある人教えてくれませんかねえ。
posted by 某ササキ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。