2005年12月08日

大楽絢太「7人の武器屋」読了

富士見ファンタジア大賞佳作。

ものすごくつまらないんでどうしよう。
凡人の凡作。

どうしてこんな真顔でパクりしかないファンタジー世界に現代人の価値観を持つキャラを配置して自信満々に話が書けるのかわからない。

というか、これはファンタジーじゃなくて、脳内ネトゲのプレイ日記だ。
これ書いた人は本気でゲームの中のことしか知らないんじゃないかと思う。

なんでこれ佳作なんだ。佳作ったら「ドラゴンズ・ウィル」と同等ってことだぞ。
これが今の富士見のレベルなのか。
posted by 某ササキ at 13:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 今読んでる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたは心が狭いひとですね。
Posted by あ at 2008年01月14日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10382764
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。